Nori Art handicrafts workshop
Church Chair 1936
Kaare Klint Solid ork
1/5
church-750k1
church-750k2
church-750k3
church-750k5
 
church-750k4
この作品は、デンマークの家具デザインの父といわれるコーア・クリントの作品、チャーチチェアを参考にして1/5スケールで製作したものです。コーア・クリントのデザインに対する基本的な態度 「もし新鮮な、より良いデザインを発見できないのなら、古くからある良いものをを拒否すべきではない。」という考えによりデザインされたことがとてもよくわかる作品だと思います。座枠、貫などの曲面を使った部材、後脚の描く曲線、全体のプロポーションなど、どの角度から見ても美しい椅子です。又、この椅子は意外と小ぶりであることを他の椅子を並べて見ると感じます。それだけ存在感のある椅子であることでしょうか。ミニチュアのデータ。スケールは1/5で、高さは約16cm,幅は約9cm奥行は約9cm。材質はチーク材、ワックス仕上げ。座は実物はペーパーコードと呼ばれる紙紐ですが、この作品は大麻の紐で編んだものです。

church chair この椅子の部材は前脚、貫など挽物が多い構造です。前脚、は8mm角の角材から旋盤を使用して直径7mmに削っていきます。貫は両端を細くします。中心が5mm,両端が3mmとしてゲージを作って仕上げていきます。後脚は曲線の為、ヤスリなどを使用して直径7mmの丸棒に仕上げます。背板4枚は厚さ1.5mmに仕上げます。
church chair
church chair 前脚部と後脚部を先に組み立ててから、連結していくようにします。ほぞ穴はハンドピース式の回転工具に切削カッターを付けて穴をあけます。(ドリルなどを使用すると木に無理がかかりが割れる恐れがあるからです。) church chair
church chair 脚の位置をゲージを使用して決めます。本体が完成したら全体を蜜蝋ワックスで磨いて仕上げます。座は大麻を編んだ紐で編みます。photograph gallery church chair

"Nori art handicrafts workshop" Web Site, Produced by Norimitsu Takahashi. Since May,2000.